「2017年6月」の記事一覧

『魔女の宅急便』のDVDを見る。

267PV

一般

スポンサーリンク 〇 昨夜は、『魔女の宅急便』のDVDを見た。感想はとても面白い。評価は80点のできだ。 13歳になった女の子キキは一人前の魔女になるために一年間親元を離れて一人で生活しなければならない。その後に魔女とし・・・

DVD『用心棒』を見る。

212PV

一般

〇 黒澤明監督の映画『用心棒』を見た。先日見た『椿三十郎』はその続編である。ともに、風来坊のひどく腕が立つ浪人(三船敏郎)が現れて、町を平和にもどす働きをするというストーリーである。 出世栄光を望まない、お金にも無欲であ・・・

DVD『崖の上のポニョ』を見る。

314PV

一般

〇 DVD『崖の上のポニョ』を見る。何だか、あらすじが分からない。 ポニョが魚の子だが、魔法が使える。それで、変身して宗介という男の子と知り合う。それを切っ掛けにしてポニョは人間になろうとする。 アンデルセンの童話の人魚・・・

DVD『椿三十郎』を見る。

192PV

一般

〇 私は『椿三十郎』という映画を知らなかった。始めてこの言葉を知ったのは、政治家、小沢一郎の言葉からであった。 むかし、テレビ朝日の取締役報道局長であった椿貞良が、日本民間放送連盟(民放連)会合での発言で「反自民の連立政・・・

偸盗(ちゅうとう)を読む。

946PV

一般

〇 芥川龍之介の全集を順番に読んでみる。昨日は、「偸盗」(ちゅうとう)を読んだ。盗賊の群れに身を投じた太郎と次郎の兄弟と彼らの恋人である沙金という女性が物語の中心人物だ。 この3人の人間模様を中心に話は動く。銭形平次の捕・・・

『羅生門』を読む。

478PV

一般

○ 芥川龍之介の『羅生門』を読む。いままで『銭形平次捕物控』をずっと読んでいたので、そのトーンの違いにしばし考え込む。 『銭形平次』は野村胡堂が49歳の中年になってから、書き始めたエンターテイメント用の作品群である。読者・・・

ステレオタイプを助長する銭形平次捕物控

254PV

探偵小説

〇 『銭形平次捕物控』を相変わらず読んでいる。女性の描写について感想を述べたい。 自分は男であるので女性に対してステレオタイプ的イメージをいだいていた。つまり、美しい女性は心が清らかであり、やさしくて、知性もある。一方、・・・

銭形平次捕物控の特徴

156PV

探偵小説

『銭形平次捕物控』を読んでいる。野村胡堂はクラシック音楽にも造詣が深くその方面の著作もいくつかある。 さて、この捕物控の特徴は、徹底的なエンターテイメント志向であることだ。読者を中年の男性と決めて、男性が楽しめるように徹・・・

戦後文学放浪記を読む。

922PV

随筆

○ 安岡章太郎の『戦後文学放浪記』を読んだ。岩波新書であり、ほんの数時間で気楽に読める本であった。 随筆集であり、自分自身の文壇での体験をまとめたものである。本の内容は体系的に論じてるのではなくて、その時その時に感じたこ・・・

ページの先頭へ