スポンサーリンク ○ 『武器としての書く技術』(イケダハヤト著、KADOKAWA刊)を読んだ。いろいろと面白かった。 面白かった理由は、書き方の手法が単に述べてあるのではなくて、書くことによって著者イケダハヤトがいかに生・・・