スポンサーリンク ○ 『丹下左膳』を読んだ。これは面白かった。かなり荒唐無稽な小説であるが、飽きずにずっと読んでゆけた。冒頭から、乾雲丸・坤竜丸という互いに求め合う二つの名刀の話しが出てくる。これらの二刀は離されると、人・・・