スポンサーリンク ○ 安岡章太郎の『戦後文学放浪記』を読んだ。岩波新書であり、ほんの数時間で気楽に読める本であった。 随筆集であり、自分自身の文壇での体験をまとめたものである。本の内容は体系的に論じてるのではなくて、その・・・